脇汗 多汗症改善

汗の治療法 治療法の種類

精神分析療法

 

汗を治療する精神分析療法で「自由連想法」というものがあります。

 

患者に思いつくまま物事を語ってもらい、治療者がその内容や態度、感情から患者自身でも気付いていない無意識の願望や衝動を意識化させます。

 

患者はそれを基に対人関係やコンプレックスを掘り起こし、現在の感情や汗との関係について理解を深めていきます。

 

そして無意識に縛られているものから解き放たれることで、汗から解放されることを目指すものです。

 

 

自律訓練法

 

汗をかいたらいけないという緊張状態にあるとき、緊張とは逆のリラックスする反応を起こさせることで、その緊張を抑止するものです。

 

自己催眠から発達した方法で、様々な方法が開発されています。

 

 

呼吸法

 

呼吸をコントロールすることで臓器の動きをコントロールすることが可能となります。
(呼吸を強く早くすれば、心臓の動きも早くなり血圧も上がります。逆に呼吸をゆっくりとすれば、心臓の鼓動も遅くなり血圧も下がり、筋肉の緊張が解けて全身が弛緩します)

 

1日数回この呼吸法をするだけで、汗がある程度おさまります。
(上部メニューバーの多汗改善呼吸法を参照してください)

 

 

その他

 

不安を取り除く薬や、発汗作用を抑制する薬を処方する薬物療法。

 

汗をかく指令を遮断する神経ブロック法。

 

アセチルコリン放出を阻害するボトックス療法。

 

超音波手術、皮下組織削除手術などがある。

 

多汗症改善7日プログラム

PR


ホーム RSS購読 サイトマップ
トップページ 多汗症改善法 手汗改善法 脇汗改善 腋窩多汗 ワキガ改善